元気をもらえる島、屋久島で女子旅 Day1

 

 

photo(C)conotabi
photo(C)conotabi

conotabiは名古屋から、女子旅仲間は羽田から、鹿児島空港にて待ち合わせで始まった「屋久島で女子旅Day1」。

 

★conotabi       11:20 名古屋発    12:40鹿児島着
★女子旅仲間    12:05 羽田発        13:50鹿児島着

 

長い飛行時間に一人は退屈だけど、短時間で着く国内線では別々の出発地でも全く問題無し!女子旅仲間より1時間程早く鹿児島空港に到着。鹿児島空港はこぢんまりとしていながらも、お店やレストランが充実していて退屈はしない。鹿児島名産の「薩摩揚げ」やら「かるかん」「きびなご」「豚味噌」などのお土産を下見していたら、あっという間に待ち合わせ時間。もちろん、お土産は最終日に再び鹿児島空港に戻って来た時に購入!

ちなみに、鹿児島空港内には足湯の無料サービスもあるとか。
詳しい情報はこちらをcheck!
http://www.koj-ab.co.jp/

鹿児島まではANAを利用した私達は、鹿児島⇄屋久島間はJALしか飛んでいないため、一度到着ゲートから出てJALカウンターでチェックインをし直して再びセキュリティを通って搭乗。荷物は名古屋(羽田)から屋久島まで預かってもらえるので、到着ゲートから出ないでJALの乗換カウンターにて手続きをしてもらうことも出来るようなのだが、お店やレストランが充実しているのは到着ゲートの外側なので、時間があれば出てしまうのもおすすめ!

鹿児島からは、席数74席のプロペラ機で30分。いまだ煙があがっている桜島や種子島など、機内で頂いたこの地域の地図と照らし合わせながら窓からの眺めを楽しんでいると、あっと言う間に到着!ちなみに、機内では屋久島のポストカードも頂けて、気分を盛り上げてくれる!

タラップから飛行場に降り立ち、11月の屋久島の気温を体感する。晴れていれば半袖で丁度良い気温。素朴で小さな屋久島空港建家内へと徒歩で移動。人と共に荷物も一緒に空港内入り。すぐに荷物を受け取ることができ、一路ペンションへ向う!

今回の旅、車で3時間もあれば島内一周が出来てしまう小さな島なので、あえて細かい計画は立てておらず。現地でのガイドが必要な、縄文杉ツアーとホテルでのマッサージとランチ、そしてレンタカーだけは事前に予約しておいた。

空港から車で10分程の町、安房にある「屋久島ペンション LA ISLA TASSE ~ラ・イスラ・タセ~」conotabiが今回泊まったペンションです。
ペンションの外観を見ただけで、女子のテンションがあがりまくるヨーロピアン風の素敵な建物!ペンションに一歩足を踏み入れると、そこはまるで海外の素敵なB&B(ベッド&ブレックファスト)の様。お風呂とトイレは2つずつの共用になるが、清潔だし、お花が所々に飾られていて快適。ジャグジー付の大きいお風呂は女子旅なら二人で入っても広々なスペース。登山の後にジャグジーはありがたい。しかも、このペンション、安房川のほとりにあるので、リビングから山と川を眺めつつ優雅なブレックファストも楽しめる。お世話してくださる御夫妻もとても親切で、毎日遊び疲れて帰って来ると、自宅に帰って来たように安心する。こちらのペンション、夕食はサービスにないのだが、徒歩圏内には地魚や料理が美味しいお店が多々あり、全く不自由しない!
 
次の日はメインイベントである「縄文杉ツアー」が控えており、出発も朝の5時と早朝の為、早々に登山準備を済ませ夕食に繰り出した。
美味しい鹿肉が食べられるという、「れんが屋」へはペンションから徒歩15分程。安房港を眺めながらの海沿いの如竹通りを行くのがおすすめ!
屋久島には昔から鹿を食べる文化があるそうだが、今では屋久鹿の狩猟は全面禁止となっており、このお店で出しているのは蝦夷鹿だそうだ。でも、鹿の味にうるさい(?)屋久島の人が仕入れている鹿だけあって、どれも新鮮で美味しい!刺身にタタキに焼肉と、普段なかなか味わえない鹿肉三昧で、次の日の登山に向けて精をつける。

気持ちよく酔った帰り道、空を見上げれば満天の星空!天の川がこんなにはっきりと見えたのはいつ以来だろう。ほろ酔い気分で星空を眺めながらプラプラ歩く幸せは都会ではありえない!

 

 

★ところで屋久島ってどの島?? 下の地図を拡大して確認しよう!

 

↓クリックで拡大

  photo(c)conotabi

 

 

★明日の登山、頑張るぞ!(Day2へつづく)

 

<パワーアイランドで女子旅は、こちらをcheck!>

 

<Day2は、こちらをcikck!> 

<Day3は、こちらをcikck!>

<Day4は、こちらをcikck!>

<Day5は、こちらをcikck!>


 

Nov.9.2011 up ※記事は、左記時点での情報です。