iPhone天国の香港で無線LANを使いこなす

香港は今や iPhone天国。現地での情報収集に iPhoneを使わない手は無い。香港の街中では至る所に公衆無線LANスポットがあり、現地の無線LAN事業者と契約をすれば、かなりの場所でWi-Fiが使用出来る。

海外では、「調べて来たはずの場所に既に店が無い!」「休業日だった!」など、突然の予定変更によりその場で情報が必要になる事が多々ある。その様な時にネットで情報を得られる事はとても便利な事だ。また、香港版のiPhoneアプリでも、お得なクーポンやバス路線検索などの情報があるようなので、使いこなせれば旅の快適度アップ間違い無し。
 
筆者滞在中、かなりの所でPCCWの無線LANが使用出来るようだった。PCCWとは日本のNTTのようなものらしく、町中の公衆電話ボックスにもWi-Fiスポットを設けている。香港国際空港内とエアポートエクスプレス内では無料Wi-Fiが利用出来るので、ここで契約(クレジットカード支払)を済ませておけば滞在ホテルが有料無線LANもしくは有料LAN回線でも大丈夫。もしくは、コンビニでプリペイドカードを購入し、カードに記載されているIDとパスワードを入力しても使用可能。
ちなみに、24時間プリペイドパスはHK$20.4、30日プリペイドパスHK$158.5
詳細は http://www.pccwwifi.com/eng/index.htm

 

欠点としては、バスや電車などで移動をしている時に切れることや、3Gと同じ様な感覚でどこでも使えるわけではないということ。しかし、3Gは料金が嵩むので、スポット的に利用出来れば充分という方には有効な情報ではないかと思う。

下記に、PCCWとの契約方法について分かりやすく説明してくれているリンク先を設けておいたので是非参考に活用して欲しい。
 
香港の公衆無線LAN事情
http://mobalife.blog39.fc2.com/blog-entry-577.html
 
香港PCCWの公衆無線LANサービスを利用してみる。
http://mobalife.blog39.fc2.com/blog-entry-1084.html
 
リアルどこでもWiFi-香港ワイヤレスネットワーク事情
http://geeks.artsjp.com/?p=2141
 
 
現地HPの英語や諸手続きに自信が無い方は、割高になるが日本語で安心のソフトバンクの『海外パケットし放題』利用が無難。
一日パケットし放題 上限1,980円(ウェブ通信25MB以上2,980円)
http://mb.softbank.jp/mb/international/roaming/area_price/packet/

 

 

Aug.1.2011 up

 

 

★この記事もCHECK!!

 

海外でiphoneを使おう!(基本編)