【台湾】台北商旅 大安館(レ・スイーツ台北 大安/Les Suites Taipei, Da an)

★こんな方におすすめ★ 利便性重視、でも静かに滞在したい。

1999年に台北にはじめて登場したブティックホテル。流行発信地、頂好にありながら、一本路地に入ったホテルは、便利ながらも静かな環境です。MTR「忠孝復興駅」と「忠孝復興駅」から徒歩10分以内、コンビニ、スーパー、銀行、「SOGO」、24時間営業「誠品書店敦南店」は徒歩5分圏内、少しがんばれば「台北101」まで歩けてしまう。タクシー利用の方は、東西南北どちらに移動するにもド真中!!時間を有効に動きたいという方には、大変嬉しい立地です。
インテリアはシンプルながらもスタイリッシュ、少し古さを感じる部分もありますが、多少の事は気になりません。1階のラウンジはセンスの良い調度品が、棚にはおしゃれな本やパンフレットがさりげなく置かれています。座り心地の良いソファーと暗めのライトが、個人宅の豪華なリビングに訪れた気分です。こちらでは、朝は中華、洋食、お粥がビュッフェ形式でサービスされ、夜には、ケーキやクッキー、コーヒー、紅茶がセルフサービスでいただけます。

 

↓クリックで拡大

 

今回宿泊したデラックスツインルームは、スーツケースを二つ広げてもまだまだ余裕のある広さ。アメニティー、文具一式、iPod用オーディオ、ホテル外に持ち出し可能な携帯電話まであり申し分なし。デスクサイズも大きく、インターネット無料使い放題、LANケーブルも部屋に完備、さらにWifiもOKとなると、ビジネスでの利用にも問題なしです。(1Fロビーには日本語対応のPC有り)
全59室と小さなホテルの為、団体客が少なく、廊下や周りの部屋の騒音に悩まされる確立は少なそう。conotabi滞在中は、人の声より、時間により空調や水の流れる音が少し気になった、しかし、かなりの神経質でない限り許容範囲だと思う。

このホテルの快適さはスタッフの対応もポイント。廊下ですれ違う掃除スタッフもにこやかに「Bye-Bye」(何故か何時にあってもバイバイでした(笑))、フロントスタッフは英語と日本語での温かい対応、必要以上のサービスもなく、それでいて、心地よいサービス加減が、次回もリピートしようかなと思わせてくれます。

 

↓クリックで拡大

★ここに注意!


●空港からタクシーで行かれる方は、

漢字で書いた住所とホテル名を準備、さらに地図があると尚よし!
(小さなホテルなので知らない運転手が多い、さらに、老眼の方が多いので、大きめに書いてあげるといいかも)

●バス・電車&徒歩で行かれる方、

ホテルの入口が大安路に面しておらず、気づきにくいので、下記の3店舗を目印にすると分かりやすい。

↑クリックで拡大 左から地図上 1/2/3

 

photo(C)conotabi

台北商旅 大安館(レ・スイーツ台北 大安/Les Suites Taipei, Da an)

http://www.suitetpe.com.tw/

住所 台湾台北市大安路一段135号
電話 +886-2-87733799

チェックイン

15:00 (最終チェックイン:24:00)
チェックアウト 12:00

 

Jan.11.2012 up  ※この記事は、左記時点での情報です。