国民総幸福度 No.1のブータン王国とは、どんな国?

ブータン王国国旗
ブータン王国国旗

●面積/38,394平方キロメートル(九州とほぼ同じ)

●首都/ティンプー(Thimphu

●民族/チベット系(約80%)、ネパール系(約20%)等

●言語/ゾンカ語、英語

●宗教/チベット系仏教、ヒンドゥー教等

 

★ブータン王国オフィシャルサイトはこちら

★ブータン王国観光協会オフィシャルサイトはこちら

★ブータン政府観光局オフィシャルサイト(日本語)はこちら

 

 

 

★ブータンへ行かれた方の旅行記リンクはこちら

 

★「幸せとは何か」ブータン王レポート(上)はこちら

<現代ビジネス 磯山友幸「経済ニュースの裏側」>

 

 

【You Tubeで見るブータン旅行記】

 

 

さて、実際にブータンへ旅行するにはどうしたらよいの? 

 

日本からの直行便はありません。ブータンの国営航空Druk Air(ドゥルック・エアー)が唯一ブータンへ乗り入れしている航空会社です。Druk Airはバンコク・デリー・コルカタ・カトマンズ・ダッカとの航路がありますが、日本から旅行の場合は、バンコク乗り換えが一般的。

 

ブータンに滞在するには、ブータン政府公認の現地旅行会社でビザを取得し、さらに、ブータン政府が定めている滞在料金を支払う必要があります。ブータンは現在の所、一部の国を除いて個人の自由旅行を基本的に認めていないため、手続きの簡略化や安全性を考えても旅行会社経由で申し込むのが安心。

 

どんなツアーが売り出されているのか調べてみました。

 

■ JTBグランドツアー 8日間 368,000円~ ツアー詳細

 

■ HIS  8日間 359,000円~ ツアー詳細

 

■ JALパック 7日間 321,800円~ ツアー詳細

 

■ ユーラシア旅行社 8日間 358,000円~ ツアー詳細

 

■(株)ロッティツアー(ブータン個人旅行) 詳細

 

■ ガートトレックス(現地オフション&トレッキングツアー情報など豊富) 詳細

 

■シデ・ブータン(現地旅行会社 日本人スタッフ) 詳細

 

 

【番外編】

ブータンは、映画「恋する惑星」「インファナル・アフェア」等で有名なトニー・レオンが結婚式を挙げた場所として一部の香港映画ファンには知られている、その様子はこちら

何といっても、式が行われた「ウマ・パロ・ブータン」は世界のセレブたちも宿泊するこんな素敵な憧れのホテルです。

 

 

 

 

Dec.5.2011up  ※記事は、左記時点での情報です。

ツアー、旅行内容に関しましては、一切の責任は負いません。