「Rhapsody in Blue」 Gershwin

(1924)

 

旅シネマでご紹介した映画「MANHATTAN」にも使用されているこの曲。「アメリカ音楽とは何か?」という演奏会で発表され、新たなアメリカ音楽誕生として喝采をあび、クラッシックとラグタイム、ジャズをミックスさせ、アメリカポピュラー音楽の礎を築いた。曲のどの部分を切り取っても金太郎飴のように楽しめる、躍動、コミカル、ロマンチック、エレガンスなどなど、まるで、人種の坩堝 古き良きマンハッタンの街で繰り広げられるオムニバス映画を観ているような一曲です。

 

「Sunday Mondays」Vanessa Paradis

(1992・Polygram Records アルバム「Vanessa Paradis」より)

 

今やジョニー・デップのパートナーとして有名ですが、アラフォー世代の方なら、90年代初めフレンチポップスブームの立役者としての印象の方が強いかも。ヴァネッサ・パラディーから、音楽、映画、ファッション、文化と全てのオシャレフレンチを吸収した方も多いのでは。このアルバム「Vanessa Paradis」はレニー・クラヴィッツがプロデュースという事でも日本で爆発的にヒットした。歌詞は英語なのが残念だが、彼女のフランス人ならではの、キュートさと透明感は、今聴いても当時のフランスへの憧れを思い出させる。

ちなみに、彼女の前歯の隙が気になりませんか。アメリカのスターならこれでもかってぐらいに綺麗に矯正しているのに、フランスのスターは隙っ歯が多い。フランスでは“Les dents du bonheur”と呼ばれ「この間から幸せが入ってくる、幸せのしるし」とされている事が理由のようです。

 

「夢中人」 王菲

(1995・ポリドール 恋する惑星 オリジナルサントラ)

 

自身も出演し、日本でも大ヒットした香港映画「恋する惑星」の劇中歌。

映画にも登場する、香港島セントラルのヒルサイドエスカレーターに乗れば、

この曲が自然と頭をよぎるほど印象的。

conotabi的には、イントロを聞いた瞬間に飛行機が飛び立ち空に向かう画が浮かぶ、

そんな妄想旅ソングでもある。

また、原曲はアイルランドのバンド The Cranberriesの「Dreams」、映画「You've Got Mail」の主題歌としても採用されおり、聞き比べてみてはいかがでしょう。

 

「Empire State Of Mind(Part2)」 Alisia Keys

J-Records 2009)

 

Jay-Zとコラボして大ヒットした曲のAlisiaソロバージョン、

最後のLyricは私たちがイメージするNYそのものです。

 

New York, concrete jungle where dreams are made of 

There's nothing you can't do

Now you're in New York anekatips.com

These streets will make you feel brand new

Big lights will inspire you Hear it for New York

 

ニューヨークの街を歩きながら、「New Yooooooork~~~~」と連呼する事まちがいなしの、

これぞ、ニューヨークソング。

ちなみに、Jay-ZとのバーションのPVはNYの風景満載で、超COOL。

 

「ぼくらが旅に出る理由」  小沢健二

EMIミュージック・ジャパン 1996)

 

15年前に発売された名曲。

歌詞の様にロマンティックで切ない、そんな理由ではないけれど、

わたしたちにも、旅に出る理由があるんです。

そう、そんな言い訳をしながら、iPodに詰め込んで、

空港への道で、空港の待ち合い室で、

旅テンションアップさせる一曲です。